仙台市内の倉庫組み立てのお手伝いです


倉庫組み立てのお手伝いです。

DSCF2511ご自宅の庭に倉庫を建てるというのでそのお手伝いです。

当初はブロックを水平に設置していただけるとのことでしたので

1日で組み立て終わると思いましたら、ブロックもそのままおいてあったので

整地と水平取りからなので2日作業になりました。

DSCF2512糸と水平器を使い端から順番に水平においていきます。

DSCF2513 DSCF2514ここを適当にやると立てていくうちに斜めになり壁がつかなくなったりします。

ここで出来上がりの7割は決まってしまうので慎重に作業します。

画像でフェンスと隣のうちのブロックの並びがそもそも斜めなので

目の錯覚がすごくて結構大変でした。

とはいっても、下が土なので沈み込みはしょうがないと思いますが、組み立て自体が大変になるので水平は大事です。

ここで1日目は終了で以降は2日目の作業です。

DSCF2515ブロックおいたら基礎上の土台を組みつけ

ここもきちんと直角出るように調整して柱を立てます。

DSCF2516 DSCF2517次にほんとは床と説明書ではなってたのですが

2日目は雨がぽつぽつ降ってきたので

先に屋根をつけることにしました。

屋根をつけた時点で結構な雨の本降りになったのでずぶぬれにならず助かりました。

DSCF2519屋根ができたら床をつけて雨どいとかつけて

この説明の画像は撮り忘れたのでもう壁ができてます。

DSCF2521そしてドアとか化粧枠とかつけて完成です。

DSCF2522棚はお客様がご自分でつけるらしいので取り付けはしなかったです。

DSCF2524 DSCF2520これで完成です。

沈み込みでドアのゆがみとか出る可能性があるので

ドアの調整方法とか教えました。

予算の都合でブロックの下の土の上に砂利とか砕石とかしけなかったので

沈み込みはしょうがないとご説明してご理解いただきました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください